Blog

ブログ更新情報


2022

引退ブログ2022 深瀬実希MG

2022年度のマネージャーリーダーを務めさせて頂きました。4年深瀬実希です。



まずはじめに、日本体育大学男子ラクロス部の活動を日頃からご支援・御声援いただいている保護者の皆様、OBOGの方々、コーチや学校関係者の方々にこの場を借りて御礼申し上げます。



これから引退ブログを読んでいただくわけですが、

私にとって、幹部になってから最初に書いた挨拶ブログが今でも全てです。




思い出してくれるなら、戻って私のブログを読んでみてください。そして時に、珍しく使えないリーダーいたなと、私を踏み台にしてください。



それぐらいが私が受けていいものだと思っています。笑

なので、この場はほぼエゴ満載の振り返りをさせてもらいたいと思います。





絶対辞めると思ってた、とか

ラクロス好きじゃないでしょ?とか

走ってるところ見たことない、とか




そりゃもう後輩同期先輩などなどから沢山言われてきましたが、時が経つのは早いもので、もう引退しました。




この3年半くらい、まずはLINEが嫌いになったしインスタのストーリーに何かを投稿することも嫌いになったし、将来の夢も邪魔だと思ったこともあったし、それはそれはラクロスのせいと言っても過言ではありません。笑



それでも、この部活のおかげで、何よりの居場所ができた3年半だったと思います。



私は姉を見てきて、サークルで酒に溺れてバカなことする大学生になんて絶対ならない!と思ってるところから部活選びが始まり、(姉を否定してるのであってサークルを否定してるわけではありませんのでご承知おきください)



大学までずっと追ってきた従兄弟が女子ラクロス部に所属していたことをきっかけに、男子ラクロス部を見つけました。

正直、スポーツには自信があるけれど、負けず嫌いで新しいことを始めて差を痛感するのも嫌だし、

色々なスポーツに触れてきたからこそ、自分のやりたいスポーツが分からなくて、マネージャー業をやってみたいという気持ちもあったので、男子ラクロス部に決めました。



1年生の時は、本当に日常が楽しくて、

辛いことも沢山あったけど、同期とどんどん仲良くなるのも嬉しかったし、ラクロス部入ってよかった!!という感じでした。笑



でも2年生に上がる前にコロナが流行して部活が停止。

その前後に同期たちが辞めていく現状。

正直誰が抜けても寂しかったし悲しかったし、

なんで辞めるんだ😡😡😡😡😡

と思ってました。(今は楽しそうなところ見れるだけで懐かしい気持ちになれるのでgoodです^_^)



丁度この時期、いくつかの大事な仲間が消えて、私が部活に存在してる理由はみんなにとってきっとわからないものになっていたと思います。



半ば、私だけでも続けてやる!という反抗心でもあったと思います。笑

正しくないですよね。笑



でもやっぱり1年生の時から先輩や同期のことは大好きだったし、徐々に関わっていく後輩との時間もとても楽しく充実したものでした。だから、反抗心だけではなく、素直にこの部活にいたかったんです。

そう見せられなかったことが多くて残念ですが笑



でもやっぱり1番辛かったのは3、4年生の時でした。

実習が人より多くあった私は、何度も部を空けて迷惑をかけて。

3年の時は、同期や後輩がリーグ戦のボックスに入っている現状をただ受け止めて、ただ言葉に表せない悔しさを抱きながら、自分の目標に後悔していました。



でも代が変わり1番上になるって時に、先輩や後輩にリーダーなってみたら?とかなってほしいって言ってもらえて、

自分の中では十字架のように思ってしまったことも沢山あったけど、すごく嬉しい瞬間でもあって、

なりたい!と思うようになりました。(単純バカでごめんなさい。)



でも私って皆さんの知ってる通り本当に欠陥品で。マネージャーリーダーのくせに審判資格持ってなかったし、優柔不断だし、なんと言っても気が弱過ぎた。

自分でも、えええ?ってなるくらい、言わなきゃいけない時なにも言えないし、頼り甲斐がほんっとに皆無。

本当に色々イライラさせた人すみません。



自分で全部やればいい将来の夢のための勉強も、器用じゃないからって他の力に頼ってしまったり

そのせいで部活のシフトを協力してもらってしまったり

自分が1番まずいと思ってたし焦ってた。



就活も部活もその他のこととの両立も上手くやってた同期には本当に頭が上がらないです。



そんな同期とも関わることが怖くなったのも4年の時からでした。

沢山叱られたし、正直理不尽じゃ、、とか思ってたこともあった。笑

でも、正直どこか他人事になる瞬間があるからこそ引き戻してくれる人たちがいて、本当に助かったし救われました。



誰かの名前を書くとキリが無いので、

まずはそんな同期へ向けて。



唐突なセクハラもいじりも恋愛話も全て笑って過ごしてあげたけど、社会出たらダメなことばかりですので注意をしてください‼️

それに例えるのも変ですけど、私たちの見てきた世界は相当狭いと思うので、みんなの当たり前は当たり前じゃないから肝に銘じてどうかみんな幸せに過ごして、そしてたまに誰かが声をかけたタイミングで集まろうね^_^

3年半、メンタル鍛えてくれてありがとう!大学4年という少し大人なところまで、本気で果敢に挑む姿を見せ続けてくれてありがとう!



今いない同期たちも、

試合見に来てくれたりしてくれて、ありがとう!



智奈も里紗も芽衣もお花くれてありがとう!

すんごーーーーく寂しかったけど、最後までなんだかんだ応援してくれて、合間合間で遊んでくれて支えでした!!



そして、3年生マネへ

本当に、感謝しかない!いつどの時を切り取っても、感謝ばっかり、頼ってばっかり、情けないとすら思ってました。

なんでそれなのにいつも背中を押してくれるんだろって、疑問抱くレベルでした。謝ります。

2人が後輩でよかったと、全力で思ってます!全身全霊!

反対に、2人が同期だったら嫌だったなって思っちゃうくらい、それぞれ良いところがありすぎて、2人の関係性含めて先輩後輩関係なく尊敬してます。

悩んでもがいて苦しんで、リーグ戦で輝く姿を見せてください^_^

誰になんと言われようと、最適解は2人の中に常にきっとあるから、とにかく2人は自分自身に自信を持ってね。

卑下しないで、自分を犠牲にしすぎないでいてくれたら、私も安心できる^_^

最後のボックス最高でした!



2年生マネへ

去年2人が苦しんでいる姿を見て、どうにかしてあげたいと思ったことが、実はリーダーをやりたいと思ったきっかけでした。

リーダーになっても、結果的に何かできたかと言われたら、マジでなにもできてないゴメン。笑

なんなら傷つけてしまったこともあったと思う。

でも沢山話せるようになって、すごく嬉しかった!

理央と琴音が泣いてるの見るとすっごーい心痛くなるくらい愛おしかった笑(ごめんね^_^)

でも何度も何度も乗り越えてくる2年生にずっと感心してた!来年も絶対部に貢献するマネージャーになれると思う!自信を持って頑張ってほしい!!



1年生マネへ

入ってきて割とすぐ、「あ、この部活やばいな」と思ったと思います。私も1年生の時思いました。笑

でも、まずここまで続けられたみんなは誇りを持ってください!自信を持ってください!

理不尽なことがあるのが世の中だ、とかそんな風に諦めないで、向かい続けてください。

誰かが変えようと思って変えれるのがこのラクロス部の良いところだと思うから、先輩に沢山頼って沢山甘えて沢山導いてもらって、3年後にはみんなが先輩として笑って終われるように頑張ってほしいです!



私はくだらない女なので、マネージャーのみんなにとって「良い人」でいたいって常に思っていました笑

ただ言ってきたことに嘘はなくて、綺麗事なんて本当に思ってなかったら言葉に出しても響かないし、かと言って嫌われ役になれるほどの技量はやはりなかったんです。

できてなかったかもしれないけど、ただ真っ直ぐみんなの話を聞いたり、決して否定せず理解しようとする。

でもみんなが何より真っ直ぐだったからこそ、完全否定しなきゃいけないって部分もなかったからこそ、みんなが話してくれることややってくれること全てに間違いなんてなかったなと思ってる!

とんでもないエゴで申し訳ないけど、少しでも気持ちのいい部活動になってたら少し救われます。

自信持ってと言いすぎているのは放っておいてください。自分が持てなくて足枷にもなってたので裏返しです。笑




両親へ

このブログの存在知らないと思うし特に書く予定はなかったのですが、みんなが書いててなんか良いなあって思ったので書きます。

続けて欲しいって言ってくれていたのに、高校で部活を途中で退部してしまって、悲しませてしまったことがあったから、大学では自分がスポーツしている姿を見せなきゃと思っていました。

でも、マネージャーやるって勝手に決めてから、特に両親がラクロスや部活に興味を持つ姿を見てこなくて寂しい時もありました。

でも、家のテレビのYouTubeの検索履歴に日体大ラクロス部がたくさんあったのを見た時は気にしてくれてるんだと思って嬉しかったことを覚えています。自分の携帯と連動してるから見たとき嬉しくてスクショした笑

今年のリーグ戦に誘った時も、「行っていいなんて思ってなかったから」って言って、予想と裏腹に嬉しそうに父と母が揃って見に来てくれた時は本当に嬉しかったし、初めて4年生まで続けて良かったと思えました。

いつでも何に対しても、「実希ならできる」ってかゆいくらいに信じてくれて伝えてくれてありがとう。

おかげで部活を続けながら将来の夢も叶えられるところまできたし、お父さんとお母さんの色々な面での支えが無かったら成し遂げられなかったと思います。

なんだかんだ尊敬していて、憧れの両親です。

ありがとうございました。



すごく長くなってしまいましたが、そろそろ終わりにします。



泣いても笑っても最後のリーグ戦を、なんとか最後は勝って終えることができたけれど、どこか悔しさもあり至らなさもあり、、

結果的に"なにができたか"なんてブログに書こうと思えなくて、こんな本音だらけのダメダメブログが完成してしまいました。



でもみんなには、活動中くらいは

「本音と建前」を器用に使ってかっこよく過ごして欲しいです。いつになっても、やっぱりどう関わるかってすごく大事だし、大事だったなあと思わせられます。

スポーツへの関わりも、人との関わりも、です。



すごく遠回しみたいな言い方になりましたが、

気になる方は「本音と建前」検索してください。

意外と意味って考えても正確にわからないでしょ?

私の伝えたいことがわかるはずです。

刺され。笑




来年きっと、見れなかったもの見せてくれるんだろうな。^_^




殴り書いたようなこのブログを読んでいただき、ありがとうございました。




そして、これまで本当にありがとうございました。

これからの日体大ラクロス部も、宜しくお願い致します。


コメント
名前

内容